受付時間

新河岸すずらん整骨院 0492464976

新河岸すずらん整骨院 LINE

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 歩き始めてから10分ぐらいすると、足がビリビリとしびれてきて歩けなくなる。痛みや冷たさも感じる。
  • 立っていることもつらく、家事が出来ず家族に迷惑をかけて心苦しい
  • 整形外科や整骨院にも行ってみたが、その時は気持ちよいが、すぐにまた元に戻ってしまう
  • 自転車に乗ると楽、歩くと辛い
  • 坐骨神経痛やヘルニアも併発した。
  • 医者には手術を勧められたが、手術してもしびれが取れない場合があると聞いて悩んでいる
  • 旅行どころか買い物に行くにも億劫になってきた
  • 手術をしたがしびれがとれず、痛みがまた出てきた
  • (神経根)ブロック注射や座薬、コルセットや飲み薬では効果が期待できない
  • 夜も痛みとシビレで眠れない。ずっと足をさすりながら「もう一生このままガマンするしかない」と諦めている。

脊柱管狭窄症の原因とは?|新河岸すずらん整骨院

人間の背骨は椎骨という骨が24個のブロックのように連なって形成されています。

上から7個を頸椎(首)、その下12個を胸椎(胸)、下から5個を腰椎(腰)と呼びます。

その背骨の後ろには脊柱管と呼ばれる空洞の通路があり、脳からつながっている脊髄という中枢神経とそれに続く馬尾神経が通っています。

加齢や日常生活の習慣や姿勢、労働や背骨の疾患などの影響により変性した椎間板が膨らみ突出したり、脊柱管の中を通っている黄色靭帯が肥厚したり腰椎が変形して骨棘が形成されたりして、脊柱管を通る神経を圧迫してしまい症状が現れます。

脊柱管狭窄症の症状とは?|新河岸すずらん整骨院

脊柱管狭窄症では、主に下肢痛や下肢のしびれ、間欠性跛行の症状がみられます。

下肢痛や下肢のしびれは、長時間立ちっぱなしや歩きっぱなし、腰を反らせたり捻ったりしたときに強くみられ、圧迫されている神経の違いにより「神経根型」と「馬尾型」「混合型」に分類されます。

神経根型は馬尾神経から分岐した神経根が圧迫され臀部から下肢の痛みやしびれ、筋力低下が生じます。

多くは片足側に起きますが、両足に症状が出ることもあります。

馬尾型は脊柱管の中心部が圧迫され、両側の下肢の痛みやしびれ、冷感、陰部周辺のしびれや、ほてりなどの感覚異常、尿を出しづらかったり出し切れないなど、自分で尿のコントロールがしづらくなる膀胱直腸障害がみられます。

混合型は神経根型と馬尾型の両方の症状が現れます。

また間欠性跛行と呼ばれる症状も特徴的です。

10分ぐらい歩いているとお尻や足に痛みやしびれが出て歩けなくなります。

しばらく前屈みで休むと再び歩けるようになるというような、歩行と休息を繰り返す行動を「間欠性跛行」と呼びます。

脊柱管狭窄症が改善しない理由とは?|新河岸すずらん整骨院

ほとんどすべての患者さんは、病院でレントゲンやMRIなどの検査を受けて「脊柱管狭窄症」と診断されます。

ですが、画像検査だけでは、現在の症状の根本的原因はわかりません。

足や臀部の痛みやしびれといった症状は、それ以外に原因がある場合が多いのです。

ですが、多くの病院では腰だけを診て脊柱管狭窄症という疾患だけに着目してしまい本当の根本的原因が見過ごされてしまっているのです。

 そして、症状(結果)に対する湿布や痛み止めといったような対処療法がおこなわれるため、根本的な改善には至らずに少しずつ症状を悪化させてしまったり、少し楽になっても、また再発してぶり返すことを繰り返すのです。

 また多くの整骨院や整体院でも同じように、腰だけを診てマッサージや電気治療といった対処療法を行っている為、改善は期待できません。

 脊柱管狭窄症は、日常生活の動作や歩行などの動き、身体の使い方も重要になってきます。

なぜ脊柱管狭窄症になってしまったのか、なぜ痛みやしびれが起きているのかを、患者さん自身が説明されていない為に、悪化させるような姿勢や、動作を日常生活で続けてしまっている場合もあります。

 このようなことが改善しない理由となっています。

 一般的に痛みやしびれが現れると、病院から処方された痛み止めを服用したり、薬局に行って買って来た湿布を患部に貼ったりします。

飲み薬や湿布などは、消炎鎮痛剤であり、痛みの原因に対処しているわけではありませんので、一時的に痛みが緩和されても、また炎症を引き起こします。

炎症の繰り返しは痛みを増幅していき局所の状態においても好ましくはありません。

痛み止めや湿布などは、炎症をおさえる手段としては意義があることですが、それでは解決しないものも多くあります。

「よく痛み止めや湿布はクセになり、そのうち効かなくなる」と言われますが、効かなくなるわけではなく、炎症が進行し悪化していると考えられます。

脊柱管狭窄症に対する当院の施術方法とは?|新河岸すずらん整骨院

原因を探り、考えうる幾つもの要因の一つ一つを丁寧に解決していきます。

『脊柱管狭窄症による神経への圧迫により痛みが出ている』と思われがちですが、それは大きな誤解になります。

もちろんそういったケースもありますが、ほとんどはそれ以外の要因により痛みやしびれといった症状を引き起こしているのです。

また『年だからしょうがない』『老化により脊柱管が狭くなっている』と、あきらめている方も多く見受けられますが、老化によって脊柱管が狭くなるのでしたら、すべての60代以上の方々に症状が出ているはずです。

腰が曲がった方でもそのような症状が出ていない方もたくさんいます。

という事は、老化や加齢だけで脊柱管狭窄症の症状の原因であると決めつけるのはおかしいと思われます。

当院の脊柱管狭窄症の改善についてのアプローチは4段階あります。

1つ目は骨盤の歪み(主に仙腸関節)に対する矯正

2つ目は腰部から臀部、股関節にかけての筋肉と筋膜へのアプローチ

3つ目に下肢の神経系統の働きの回復

4つ目は全身の血行促進、血流改善により身体本来の動きを取り戻し運動療法へとつなげていきます。

長期間、痛みやしびれからかばうために全身の筋力バランスが崩れ、本来の姿勢や動作とは程遠い動きを無意識の内に行ってしまっています。

痛みやしびれの症状が寛解してきたら、

  • 立ち上がり時のかばう動作

  • 立っている時のかばう動作

  • 歩いている時のかばう動作

この3つのかばう動作を修正し、運動療法を行っていきます。

修正とは3つのポイントがあり

  1. 1、力を抜くこと(かばっているとどうしても力が入ってしまっています)

  2. 2、出来るだけ早く動くこと(かばっていると動きが恐る恐るゆっくりとなります)

  3. 3、関節を大きく動かしていく(かばっているとどの関節の動きも小さくなります)

これらのかばう動作からかばわない動作に無理のないように変えていきます。

症状を改善させても、日常生活の動作や姿勢を正常な状態に戻していかないと、本当の意味での改善にはつながりません。

長い期間、痛みやしびれに苦しんだ状態を、回復させるのは簡単ではありません。

我慢をしてきた分、改善するまでも時間を要するのです。

あきらめている人や諦めかけている人、ご家族や周りの人で、脊柱管狭窄症の症状で悩んだり困ったりしている方がいらっしゃいましたら是非当院へお越しください。

全力で対応させてもらいます。一緒に根本的改善を目指していきましょう!

お問い合わせ

新河岸すずらん整骨院

0492464976

新河岸すずらん整骨院 LINE

住所

350-1133
埼玉県川越市砂856-10

アクセス

新河岸駅から徒歩1分
新河岸駅西口エレベーターの目の前

新河岸すずらん整骨院 LINE

受付時間